地球は草の香り

31日、若田光一飛行士が宇宙長期滞在を終え無事帰還しました。 着陸数時間後の記者会見の第一声 「スペースシャトルのハッチが開くと、草の香りが機内に流れ込み、地球に優しく迎えられた気がした」 ハッチが開き、流れてきた地球の空気を胸一杯に吸い込んだ瞬間、蒼い地球の匂いとは【草の香り】だと感じ、同時に、ご自身の無事の生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薬膳料理教室

築地社会教育館、オーバサティクラブ二月の薬膳料理のテーマは、組み合わせを考える、でした。 古の人は、人体の陰陽のバランスをとるために食物の陰陽のバランスが大切であると考えていました。 私のように冷え性の人は、陰なので食物は、体を温める働きのある生姜や葱、韮、胡桃、棗などがいいようです。反対にのぼせる人は陽なので胡瓜茄子水瓜などを食べる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸幕府260年の香り

2月のららぽーとのカルチャーは、江戸幕府260年の香り、印香(お線香)を作るでした。 日本の香の歴史は、聖徳太子の時代、推古三年夏四月、淡路島に香木が到着したころからはじまりますが、お線香の歴史は江戸時代前後から約400年と比較的新しいものです。 灰、墨、香炉などがなくても手軽に楽しめようになったため、江戸時代に普及して現在に至りま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

お初香

小春日和、大宮八幡神社にてお初香がありました。 新しい年の初めての香席がお初香です。 早朝より神社に集う和服姿の新年の挨拶、晴れがましい席に背筋延ばしてのぞみました。 組香は新年に相応しく松竹梅香でした。  松と竹として、二種類の香が試し香で事前に香りを聞く事ができます。 松と竹の香りを記憶することえ、試し香のない梅の香り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塩切り麹

寒中味噌作りへの質問があり、答えを書いたのですが500文字以上になったために全文掲載できず、新規にしました。 写真では分かりにくいですが、塩切り発芽玄米麹。 塩切り麹は、塩と麹を混ぜ合わせて作るものです。 麹屋さんから荷物が届いてすぐ、いの一番に塩切り麹作りをするのは、生麹の発酵を抑えるためで、湿気とって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寒中味噌作り

今年も寒中恒例の味噌作りを終えました。 web検索をしたいくつかの店から鈴木こうじ店にお願いして送って頂きました。 http://suzukikoujiya.com/ 味噌作りの動画が見られ、ちょっとしたコツが分かりやすく初心者にも、また経験者にもお役立ちサイトで、材料の質ととにおすすめです。 これまでの作り方と大きく異なる…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

伽羅薫る

  昨年末に伽羅を入手して、   新年用の練香を作りました。       調合方 源氏物語・梅枝より    承和秘方 仁明天皇作  伽羅銘【月の影】の引粉、沈香・白檀・薫陸・貝香・麝香月の影は、甘み酸味が強く、蘭の花のようにふわっと丸みを帯びた香りです。 単体で…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

春障子

新年あけましておめでとうございます。  一年の計は元旦にあり、新年あけて初回の匂い袋の講座に相応しい香り作りをしました。 白檀、桜葉榁、山奈、かっ香を主体に桂皮龍脳の辛みも加えることで甘味を引き立たせて、春めきと煌めき、時めきも添えられたような気がするのは、形無き匂い作りならではの自己満足です。 よい香りが元旦に出来合った事に…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more