ゆく年くる年 眼福満腹



画像



今年最後の日曜日、一日が終えるのが惜しいほどたっぷり楽しみ英気を養いました。

おいしい食事と楽しい会話、艶やかな舞踏会、甘酒横町での買い物、・・・、、
単純ですが、
数日を残す年の終わりに、来年は良い事が起こりそう・・・と、そんな気配を感じて新しい年にむかえることは、とても幸せです。


木挽町 花蝶 へ


食事の用意ができるまで、親切な仲井さんが花蝶内を案内してくださいました。

ゆりの間は福井江太郎の駝鳥の絵がインパクトあります。 



画像


画像




通常のランチは、ゆりの間でいただけます。 
披露宴貸し切りでここでは食事ができませんでしたが、案内された部屋は黒を基調とした落ち着いた素敵な部屋でした。 



画像




数量限定 お昼のご膳 は、安いお値段で季節感溢れる盛りつけ、新鮮で美味しくて、仲井さんの心のこもったおもてなしと、難はひとつもありません。 眼福満腹万幅


画像




二人用個室 



画像




柳の間



画像




食事を終えて、明治座へ向かう甘酒横町で 



画像




辰巳流舞踏会 受付写真が多少ボケてしまって残念。 
成人を迎えたばかりの娘さん達の華やかな舞踏、円熟した家元の舞い、理事長のしなやかで愛らしい舞、広い舞台の凝った大道具の中で映え姿は、香り高き蘭麝も敵わないほどの色香芳香があり、観衆釘付け。
これは写真がなくて、どんなに言葉につくしてもつくしても現せません。

 

画像





舞踏会堪能した後は、三越アンコールワット展へと 

その前に、ちょっと喉を潤しに、、、ハリエへ
バームクーヘンはほわほわ、香り高い珈琲、さすがデパ地下二重丸


画像



 

http://www.mitsukoshi.co.jp/store/1010/angkorwat/


クデイ仏の静かな微笑みは見る人のこころをほぐし溶かします。 

三島由紀夫が戯曲の題材にしたと言われる、鎮座する閻魔大王ヤマ天の裸体の背中から臀部にかけてのラインは人間以上の温もりさえ感じて、そっと触りたくなりました。 
ジャヤヴァルマン7世の尊顔、口元、目元の柔らかいふくらみが引き出す微笑みは慈愛そのものです。


閉店まで堪能して、三越前のざくろへ



画像




昼間のカキフライランチは絶品でも、独りではなかなか行きにくく、季節になるといつも食べたいのが、これでした。 
晩ご飯は予定外でしたが、今日の連れに声をかけると、カキフライは大好物だというので、店に行って聞いてみました。
お好みの数だけ揚げてくださるというので、食べてきました。 
ふわふわかりかりカキフライ、可愛い仲居さんのフレンドリーなサービスが味を引き上げてくれました。

 
画像




食べて食べて、感心して驚いて、見とれて、笑って笑って、ほんとうに
ほんとうに、たのしい年末最後の日曜日でした。


来年に待っている佳いことに向かって、日々是好日、お香伝導、高らかに歩みます。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

金之助
2009年12月29日 07:38
なんとも過密濃密腹満つな日曜日でしたね。舞踏会の最後の演目元禄花見踊りを楽しみにしていたのですが、残念です。その後もアンコールワットにざくろと続いていた事にびっくりですが、カキフライを(なかば強引に)ご所望になるところが“らしくて”微笑ましく読みました。

きっと来年もさらによゐことが待ち受けていると確信です。
ねり香
2009年12月29日 20:36
金之助さん

12月半ば過ぎても、いつもと同じに時が過ぎているだけと感じていましたが、甘酒横町界隈を歩いてから、艶やかな踊り、落語、と堪能させていただいて、華やかな年の暮れに浸りました。
そうなんです。 表看板にもでてなくて、夜のメニューには当然乗ってないカキフライを当然のような顔をして注文してしまいました。漬け物、ご飯、味噌汁もつけていただいて、しっかり晩ご飯になりました。

よゐことがよゐことをよんで、ゐゐ顔(ゐゐ)になります。

この記事へのトラックバック

  • VISVIM 通販

    Excerpt: ゆく年くる年 眼福満腹 日々是香日/ウェブリブログ Weblog: VISVIM 通販 racked: 2013-07-09 19:28