ブルームーン




画像



2010年元旦はくっきり美しい満月でした。

月の満ち欠けは平均29.5日を周期として繰り返されるので、1月は朔日のほかに30日も満月となりました。

最初の満月をファーストムーン、同じ月のうちに2度目に巡る満月をブルームーンと呼びます。
ブルームーンは月が青くなるわけではなく、めったに起こらない、まれな現象としてこの名前がついていて、19世紀半ばからは、once in a blue moon(めったにない)という慣用句もあるのだそうです。

そして、今年はとても稀なことが続きます。

1月1日にファーストムーンを迎え、1月30日にブルームーンを迎えた年は、3月1日にファーストムーン、3月30日にブルームーンを迎えることになり、1年に2回もブルームーンが発生するという、極々稀な現象に出会えるようです。

「ブルームーン」のそ語源が何語にあるのかは不明で、正式な天文用語でもないのですが、ブルームーンを見ると幸せになれるという伝説があるそうですから、これは是非ともみなければなりません。


http://www.youtube.com/watch?v=NuCZDanw3aE&feature=related



元旦の満月はワンコの散歩をしながら、なんて奇麗なおつきさま~と、自宅に戻って、ベランダにあがり、今年は佳いことが沢山ありそう♪♬と、うっとり眺めました。

30日の満月は、国立競技場のトラックでジョギングをしながら、「今夜のブルームーンは、少し青みがかった見える~」と、ha♪ha♪ha♪を息弾ませながら眺めました。

幸せになるという伝説を信じて、花咲く春、3月1日ファーストムーン、30日の今年二度目のブルームーンがとても楽しみです。

写真は、2月8日の高島屋の講座の日の朝、開店直前に美人の案内嬢がこの薔薇を一輪手にもち、今月の高島屋の薔薇です、と紹介してくださったものです。

その名は、ブルームーン。

薄紫とも藤紫とも、温かくも涼しげともいえる、儚げな色合いの薔薇です。
香りは薔薇の中でも群を抜いた佳い香りが特徴という説明に、開店早々、受付にかけより薔薇に顔を寄せてみると、いわゆるこってりした薔薇の匂いとはことなって、繊細な甘さが上品で、高貴と、、見た目のイメージのままの香りでした。

高島屋の花売り場には、ブルームーンがおいてあるそうです。
お近くにお寄りの節は、香り高き花を手に取って、めったにない幸せの匂いを味わってみてはいかがでしょう。

"ブルームーン" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント