佳日の匂い

十一月の扉が開いた日は風も日も強い一日となりました。


週明けの講座は、訶梨勒たたみ蝉袋仕立てです。 唐蝶結びとトンボ玉をつけて、袋に通しました。




画像





袋には、上から二重叶結び、総角結び、細結び、が結ばれて、その先は解いて房になります。



画像





蝉袋に結ばれる花結びは、中国伝来の結びをアレンジした日本独特の結びです。
古代人は結びで所有権を示し、目印や合図として使っていました。

所有権を示す例として開催中の正倉院展の開封の儀に解かれる勅封結びがあります。
扉をみだりに開封できないように扉の錠に鍵をかけた上に麻紐をたすきがけに結び、その結び目に天皇が自署した封紙をつけたものです。 
開封の儀は、それを解くこと、正倉院展が終了すると閉封の儀にて再度勅封結びがなされます。 
この勅封結びのおかげで、聖武天皇の遺品は1250年守られ、今年も開封期間中に宝物を見ることができます。

鎌倉時代以降の武家社会においては、武士の象徴でもある兜の後部の飾りとして使われ、弓馬、武具関係などの飾りにも多く用いられるようになりました。 
一方、志野流香道の始祖の志野宗信は、女性の教養のひとっつであった花結びを、香道の月々の結びとして取り入れられ、現在に至ります。



画像




装飾結びの代表、総角結びは平安時代、調度品の装飾、衣服の紐飾りなどの日用品にさかんに用いられ、源氏物語には、宇治十帖、薫が大君への気持ちを総角結びに託して詠んでいます。

総角に長き契りを結びこめ おなじ所によりもあはなむ

 意訳 紐が縒りあふ総角結びのやうに、あなたと寄りそつて過ごしたい

古代の総角結びは少年の髪型のひとつで、死者の霊魂から児童をまもる邪払いの願いをこめた結びでしたが、平安時代には、しっかりと寄り合あわせて結ばれ解けにくいことから、愛情を伝えるための結びへとしても使われたのかもしれません。 

花結びをしていると、いにしえの人がこめた想いが指先に感じらます。

下記は、太いロープで結んだ教室の見本です。 結び目が、しっかり寄り合わさって、薫が愛しい人への想いを託した気持ちが分かります。

総角結びを英語にすると  True lovers knot



画像





講座用の蝉袋のひとつひとつを丁寧に袋に入れました。
 
ふと、芳香が・・・・ なに?何処から?と見回しても、、香料の入っていない蝉袋から匂いがするはずもなく・・・

そう・・秋の佳日の匂い・・かも・・と空を眺めて笑みが溢れました。
 
と、支度をどんどんすすめて、講座に使う資料も納めて、一段落すると、書類の下から赤い箱が・・・
清涼感ある仄かな匂いは塗香の箱からでていました。 

塗香は清め香です。 

11月の扉をあけた、佳日の匂いは清めの香りです。 





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ふた
2009年11月03日 11:16
唐蝶結びとトンボ玉のセットは,可愛くてカラフルで女性にうけそうです。売ろうとすれば売れるのではないですか?
総角結びを英語にするとTrue lovers knotとは,恋人に対する深い思いは内外を問わず,変わらないということでしょうか。
分かるような気がします(少し(^^))。
ねり香
2009年11月04日 08:22
ふたさん

今回の作品は、人気があって、講座も募集開始で満員になりました。 でも、下準備がとても大変で、夏真っ盛りの7月の終わりから初め、つい一週間前に支度が終わりました。

花結びの講座の前に、
蝉袋と唐蝶結びと、昆虫の名前が何故使われるのか調べるため、本を読んだりネットで検索をしたのですが、信頼に足るような文献は見つかりませんでした。
古代エジプトでは、ふんころがしのスカラベが、太陽神の生まれ変わりとされて神としてあがめられているように、日本でも、昆虫がさなぎから蝉や蝶になって空に飛び回るのが、再生と受け取られて縁起ものになったのかもしれません。

金之助
2009年11月05日 07:59
毎回嗜好を凝らした講座、満員御礼になるのもうなずけます。結び方に関するお話だけでひと講座できそうですね。

それにしても霜月の名に恥じず(?)寒い日が続いて、昨日は早くもコートを着て出勤しました。今日はやや暖かいようで、講座日和となりましたね(笑)
いつか仕事を休んで参加できる機会を狙っているのですが、満員講座だとご迷惑かもしれませんね。
総角を 解く手かじかむ 十七夜
ねり香
2009年11月06日 00:02
金之助さん 7月から準備した花結び紐の講座が終えて、肩の荷がおりました。
聡明見目麗しい生徒さんは、紐を結びながら平安の人の気持ちが分かるような気がしました。。と、瞳を輝かせて、とびきりの笑顔を見せてくれました。  今度、薬膳にもお誘いしてみようかと思っていますので、楽しみに待っていてください。  かじかむ手も一瞬で温まる美人です。

高気圧の帯が長く延びて、空気が澄んで毎夜の月が美しいです。熱燗の美味しい季節到来です。陶器の出番も増えますね。
 
権俵溜蔵
2009年11月11日 19:58
総角結びってすごい堅固でありながら優雅な結びなんですね。

見たことはありましたが、初めて知りました。

p.s. 先日紀代子さんと焼き鳥屋で飲みましたよ。今度ねり香さんもぜひ!(~o~)
ふた
2009年11月11日 23:37
ねり香さん こんばんは

>蝉袋と唐蝶結びと、昆虫の名前が何故使われるのか調べるため、本を読んだりネットで検索をしたのですが、信頼に足るような文献は見つかりませんでした。

下げ物の意味を書いた所があったので記しておきます。ただ,出展は不明です。。。(^^;;

http://www.yanagawa-net.com/topics/sagemon2/sagemonimi.html
ふた
2009年11月11日 23:53
「さげもん」で検索してみてください。
いろいろ出てきます。
ねり香
2009年11月12日 13:01
溜蔵さん こんにちは。

たったいま、溜蔵さんのブログを読んでいたところで、焼き鳥屋さんの話題にお鼻がぴくぴく反応しました。
吉原の太夫が結いあげた髪の後ろに、大きな総角結びが
なされています。 歌舞伎役者と花魁、遊女は当時のファションリーダーですから、どんなにか眩しくうつったのではないかと思います。 花魁の鬘にべっ甲の簪、総角結びなどフル装備ですと、軽く15キロ越えるそうです。 駆け足で逃げ出されないように、、、という説もあるほどの重さで、両手で持ち上げてみてびっくりしました。 
歌舞伎の床上げ屋さんのセミナーを見せて頂いて、結い髪の早さにもびっくりでした。 
ねり香
2009年11月12日 13:10
ふたさん、リンクのご紹介をありがとうございました。

先日、お香の会で先生が蝉の形の香合をお持ちになったので、聞いてみました。
すると、かつて朝鮮では、棺の中に、再生を願って蝉の形のしたものを入れたそうです。
地中から出てきて、成虫になる前に、一旦さなぎになることが、再生に通じるのではないかと思います。
古代エジプトでは、なんと、あの糞転がしのスカラベが、太陽神ラーの生まれ変われとして、神になっています。
転がした糞を地中に入れて、また出てくる事から、太陽が沈み、また昇ることと同一視されたらしいです。
スカラベが神だとしたら、東大寺の周りは鹿の糞をしまつする糞転がしがたくさんいるので、神と仏だらけで、ますます有り難い場所になりますね。

この記事へのトラックバック